リラクゼーション業界の経済成長とトレーダー必見のブログ


からだのどこかしらに疲労感を抱えている、そうでない人を探すほうが難しいのではないでしょうか。
肩こり、腰痛などの筋肉疲労に加え、パソコン作業による眼精疲労や、スマホ首とも言われるストレートネックなど、肉体的な疲労という意味だけでも多様化した社会においては、様々な要因がありますが、人体においてフィジカルと対を成すメンタルの部分、精神的な疲労という点もまた社会問題化するくらいに深刻な状況です。
現代人は心が疲れているというフレーズをよく耳にしますが、それは決して比喩に留まらず、厚労省隔年実施の労働者健康状況調査では、仕事や職業生活でストレスを感じているという労働者割合が上昇しており、前回平成24年度の調査では実に61%という数値に昇りました。
このような時代背景とストレスの減らない現代人が求めるもの、それはひとこと「癒し」です。
実際にリラクゼーション業界は、バブル経済崩壊後辺り90年代前半から所謂「癒しブーム」を経て現在に至るまで右肩上がりに市場規模を拡大しており、飛躍的な成長を見せています。
急成長を受け平成26年には「リラクゼーション業」が総務省の日本標準産業分類「7893」に認定され、今後の伸長も望める新産業分野として成長戦略を掲げる政府からの注目も集めています。
リラクゼーション業はまだ公的な統計が整理されていませんが、一般社団法人日本リラクゼーション業協会が行った調査によると、全国で9,673の事業所があり、従業員数が3万2879人、市場規模は、1392億円に昇ると平成24年3月時点で明言されています。
このデータはあくまでリラクゼーション業を指すものであり、リラクゼーション業の定義は「手技を用いて心身の緊張を弛緩させるための施術を行う事業所」とされ「手技」とは、文字通り肘から先だけを使う施術であるとされており医療行為、医療類似行為は行わないものとして、業態が近いイメージのある、あん摩マッサージ指圧、柔道整復、鍼灸等免許制の療術業とは明確に区別されていますので、接骨院やエステティック、ヨガやスパなど、産業として細分化されているものの消費者が一般的にリラクゼーション施設と認識しているような事業所を含めた統計を取れば、桁違いの規模になるでしょう。
その療術業は経産省発表の平成24年度経済センサス調査によると、「開設時期が平成23年以降の事業所数」で第5位、開業、廃業が圧倒的に多い飲食関係を除けば第1位となりますので、新規開業が増えている業種の2位であるということになります。
江戸の昔から按摩が親しまれてきた歴史と、世界に誇る「おもてなし」という言葉に見るように名実ともに日本のホスピタリティーは世界一、社会的なニーズも高まる一方であるリラクゼーション業界の支柱は勿論セラピスト、施術者が担っていますが、現在、リラクゼーション施設は、前述の療術業なども含めると全国20万件以上、フランチャイズ化が広まった経緯もあり、その数はコンビニの出店数を凌ぐと言われるほどに年々上昇しており、極端な計算をすると2時間1店舗のハイペースで開業しているというのが現状ですので、今後市場競争が増すことは明白であり、業界で生き抜くためには、価格やブランド性で差別化を図るなど経営面での戦略やマーケティングが重要となってくるでしょう。
そこで今回は、リラクゼーション業界の経営者、独立を考えている方、これから業界に参入、または投資をしようとしている方々にもお勧めできるブログをご紹介いたします。

 

まずはブログ主様のプロフィールから
大学卒業後2年間のサラリーマン勤務を経験後、脱サラ起業
外食事業、イベント関連事業等の会社経営後、事業を閉鎖
現在は日経225先物取引をメインに、FX、バイナリーオプション、ETF、個別銘柄の株取引などを扱う専業トレーダーとして、活動。
ひまつぶしに始めたというブログ
株が博打っていうやつちょっと来い!
は開設11年目を迎えた人気ブログに成長
現在”日本一勝てるデイトレメルマガ”を配信中


ざっとプロフィールをご紹介しましたが、もっと掘り下げたい方、気になる事がある方はコチラから
コメントやメッセージでご本人に聞いてみると詳しく教えてくれるかもしれません。
備忘録も兼ね死ぬまで継続すると豪語するブログの内容は、トレード技術や投資活動の結果を公開するというトレーダーならではの記事に加えて、時事ネタや大手メディアが取り上げないニッチな話題を扱った記事も豊富で、そのどれも非常に読み応えのあるボリュームになっていますので、投資の勉強は勿論のこと、読み物としても楽しめるブログです。
日本一の内容だと自負している」と語る、読者からの強い要望で再開したというメルマガにもご注目、ごまかしや捏造は一切なく、自身のポジションをありのままに公開されていますので、株などの投資に興味がある方は今すぐお試しあれ。
内容盛り沢山のブログであり、本質を一文で紹介するのは難しいのですが、トレーダーからビジネスマン、主婦や学生、誰でも楽しめる記事、そしてコチラでしか読めない唯一無二のオリジナル記事が満載ですので、まずは下記URLにアクセスして、目に留まった記事から読んでみて下さい。
http://moneygame225.jp/
記事を読み進めるうちに気が付けばブログのリピーターから株のトレーダーになっているかもしれませんよ。
先述の通りこれからのリラクゼーション業界には、経営手腕も必要になってきますので、常にグローバルに、経済状況、市場動向を注視しているトレーダーの思考を持ち、投資関連に留まらずアンテナを張り、大きなニュースからニッチな話題まで、時事解説のできる側面を持ったブログ主の綴る記事が、それを身に着ける恰好の教科書となる可能性がありますし、何らかの容で有益な情報収集の場になり得るかもしれません、何れにしてもニーズが多様化している業界において、見聞を広めておくことに無駄はありませんので、ブログそのものを網羅型に読んでみるも良し、気になる記事を拾い読むも良し、何より無料でハイクオリティの記事が閲覧できる
株が博打っていうやつちょっと来い!」を有効活用しない手はありません。

 

さて今回は、リラクゼーション業界の経済成長と幅広い業界に興味を持っているトレーダーブログのご紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?
リラクゼーション業界への参入を考えている方、投資活動を始めようかと思っている方、この記事が少しでも何かのキッカケとなってもらえましたら幸いです。