恋愛心理学のアドバイザーが教える恋と心理と美容のテクニック


男女ともに恋愛に対して前向きな姿勢を取る方が減っている昨今、少子高齢化は加速度を増し、そこに並列で論じられるのが「若者の恋愛離れ」。
ひと昔前まで若者のイメージといえば、恋に仕事に大忙し、朝まで遊んで多少の無茶もやってしまう、良くも悪くもエネルギッシュというのが一般的、対して現在は、しばしば若者の○○離れというフレーズが叫ばれ、脱力したライフスタイルも定着しつつある等若者へのイメージはすっかり変化しました。
酒離れ、車離れなど○○にはあらゆるものが当てはめられ、様々な○○離れが取りざたされる中、ついには恋愛離れまで囁かれているというのが現状です。
こと恋愛離れにおいては、他の○○離れのように趣味嗜好では片付けられない、生き物としての本分という意味合いも含みますので、単に時代の変化とともに考え方が変わっただけとは言い難い部分がありますし、種の存続、国の発展と広い範囲で見れば極めて深刻なデメリットです。
あくまで自由意志に基づく制度である結婚については、それぞれの価値観があって当然ですから、結婚をしないという選択を否定してはいけません、しかし恋愛は本能的にインプットされているもので、本来選択肢を取れるような範疇にはない不変のものです。
つまり、人は恋愛をせずにはいられないという事、では何故今恋愛離れがフィーチャーされるのか、根本的な理由は単純で代替えできるものがあるからです。
そもそも三大欲求のうち二つは生命維持に不可欠なものですが、残りの一つは個人で断ち切れてもダイレクトな生命の危機とはなり得ませんので、生きていく上での支障はなく、だからこそ欲求を満たすものの代替えもできる。
アニメ、ゲーム、動画、書籍と二次元で疑似恋愛を楽しめるツールは世の中に溢れていますし、インターネットの普及以降は、メールに始まり、掲示板、チャット、アバター、SNSとオンラインで誰とでもコミュニケーションが取れるようになり、スマホの台頭以降は、よりリアルタイムで鮮明に、アプリを使えばほとんどの恋愛要素が満たされてしまうような時代へと変遷しています。
今や、シングルライフ向けのツールは充実していますし、自室で一人過ごす時間が寂しいものではなくなりつつありますが、それでも生身の恋愛は決してできません。
恋愛離れの要因は、経済面の負担回避によるものであるという経済と恋愛を直結した見方もあり、それを否定する論説も無いのが現状です。
確かに現実問題として、恋愛の費用対効果は少ないですし、お金を一切使わずに恋愛ができるというケースは稀でしょう。
それを考えると、お金に余裕も無いのに無理して恋愛すべきでないという判断をする人が少なくないということにも頷けます。
そこで浮かび上がるのが、恋愛をしたくても状況的にできない人の存在です。
これは恋愛をしないという事ではなく、できない為に恋愛から離れているだけであって、突き詰めて考えれば上手くいくはずも無い恋愛で傷つきたくないという根本原因に辿り着きます。
しかし前述の通り、人は恋愛をせずにはいられませんし、相手さえ自分の状況を理解してくれれば、そこには立派な恋愛関係ができ上ります。
絢爛豪華な恋愛模様のイメージがある貴族の中にも、恋愛や結婚の縁が皆無で、生涯それらに奔走した人々は一定数いたと言われています。
傷つくことを恐れて恋愛ができない、というのも時代背景に限った話ではなく、根本部分は今も昔も変わっていません。
そしていつの時代も、人は相手の心情を好きなように操ることができたらという希望を持ち続けています。
こと恋愛においては、それが叶えば絶対に傷つくことはありませんから、心理学を土台にしたアプローチが恋愛に有用であるという考えにも納得がいきます。
今回はその恋愛と心理学に密接した記事が沢山掲載されているサイトをご紹介します。

恋愛言葉.com」さんは、ここまで述べてきた恋愛離れ解消に打って付けの恋がしたくなる恋愛記事専門サイトです。
恋愛に関する記事と言っても平面的なお話ではなく、様々な視点から作られたテーマ毎に、その内容はどれも充実しており、人間の行動原理や心理的な部分を突いたテクニック、ケースバイケースのアドバイスが惜し気も無く公開されています。
ファッションやアプリなど恋愛に生かせるツールの紹介や、美容法、健康法、性格診断など多岐にわたるジャンルでコンテンツが記載されていますが、その全てが恋愛に絡む内容ですので、心も体も脳内もLOVEで満たせる、まさに恋愛一色のスペシャルなサイトと言えますね。
実際に記事を読んでみると納得できるかと思いますが、クオリティーは申し分無し、しかし驚くべきは総記事数500余りというその数にあります。
1日1記事読んでも2年弱、毎朝、毎晩、恋愛言葉.comの記事を楽しめますし、新着記事も短いスパンで追加されますから、コンテンツ不足に悩む心配はありません。
それぞれの記事には内容もあり、それなりのボリュームもありますが、閲覧しやすいデザインで、何より本文が読みやすく書かれていますので、恋愛心理学の著書をマイルドに読めるような印象を受けます。
新時代の恋愛バイブルに『恋愛言葉.com』下記URLから是非アクセスしてみて下さい。
https://renaikotoba.com/
さて、今回は若者の恋愛離れと対になる恋愛記事専門サイトをご紹介しましたが、やはり恋愛を知らずに大切な時間を過ごしてしまうのはあまりにも寂しいこと、無料の専門サイトがありますので、恋愛の仕方やテクニックはそこで学べます。
身に付けた知識を活かして、恋愛の素晴らしさを体験してみましょう。
もちろん、恋愛はポジティブなことだけではありませんから、時にケンカをしたり、失恋の悲しみを味わうこともあります。
しかし、それもまた自分を成長させてくれる教訓となり、長い人生においては貴重な経験としてプラス材料になり得るかもしれません。
今、恋愛に憶病になってしまっている方、恋愛が人間にもたらす素晴らしい力を信じて、恐れずに挑戦してみましょう。
その結果がどちらに出ても、きっと今より充実した人生になっているはずです。