日常の悩みから医療までトータルケアできる介護健康福祉のお役立ち通信


歩行が困難な方や外出に弊害の伴う高齢者にとって、マッサージを自宅や居住施設で受けられる出張マッサージや訪問マッサージ等の在宅マッサージは、介助者、家族らを含め大きなメリットがあります。
介護制度が整う以前の日本においても医療マッサージは盛んに行われており、医療機関でマッサージ師が活躍する光景が珍しいものではありませんでした。
1965年の理学療法士及び作業療法士法制定以降、医療機関において、マッサージ師が施術する医療マッサージは衰退していきますが、同時に数多くのマッサージ施術者が在宅マッサージに移行し始め、医療マッサージ、機能訓練等を在宅マッサージによって補い、対象者は自宅から出ずともリハビリテーションに取り組め、ADL及びQOLの改善措置が取れるようになりました。
在宅マッサージの内容や対象者、保険の適用条件等は
コチラのサイト「介護健康福祉のお役立ち通信」に詳しい。

介護・福祉・医療に関わる方向けの情報を中心に、健康情報、医学的知識、介護保険情報を専門家でもあるサイト管理者が丁寧に解説してくれており、SNS上で質問や相談にも答えて貰えますので、介護、医療の情報が直ぐに必要という方は勿論のこと、将来的にそれらに関わる方、そろそろ健康について考えてみようかと思い立った方、様々な層にとって充実したコンテンツとなっています、是非一度サイトを訪れてみてはいかがでしょうか。